キャビテーションとサウナスーツ

テレビ通販などでもお馴染みのサウナスーツ。
紹介している番組を見ていると、とにかく強調しているのは「発汗性」です。

サウナスーツの原理は、スーツの内部の特殊構造により、少しの運動でも簡単に発汗できるように設計されています。

つまり、急激に発汗を促し、減量を必要とするアスリートなどにとっては、サウナスーツはまさに救世主のような存在でしょう。

ところが、サウナスーツにはあるデメリットがあるんです。
それは、部分痩せが困難であるということ。

大量の発汗を促すには、上半身だけ、下半身だけという着用ではなく、首下から足首までサウナスーツで包み込み、全身を温めることが重要なカギを握っています。

下半身だけの着用でもそれなりに発汗はしますが、効果は半減。
ですが、全身に着用してしまうとバストまで汗まみれとなり、最悪の場合にはバストの脂肪が代謝してしまうことが考えられます。

つまり、バストが小さくなってしまう可能性があるということ。
そんなのは嫌ですよね?

それならば、キャビテーションではいかがですか?
部分痩せが行えるキャビテーションであれば、あなたが望んでいる部分痩せの夢も叶えることが可能です。

キャビテーションは、減らしたい脂肪細胞だけをダイレクトに直撃するため、守りたい部分の脂肪まで落ちてしまう心配はまずありません。

また、キャビテーションを行ったあとには適度な運動が必要となりますので、その際に、短時間だけサウナスーツを身につけて軽いジョギングするというのであれば、サウナスーツもおススメできます。

キャビテーションとサウナスーツ。キャビテーションを行ったあとだけに限定すれば、これは結構よい組み合わせかもしれませんよ。

何はともあれ、キャビテーション口コミで調べた見るといいかもですね。

コスパと効果。どちらが大事?

キャビテーションは、痩せるスピードが速く、また、部分痩せができる施術であるためエステティックサロンでは人気のメニューのひとつです。

ところが、サロンによっては施術料金が高額で、一般庶民にとっては高嶺の花・・・という声も挙がっています。

では、なんとか自力でボディラインを整え、痩せる方法はないものなのでしょうか?
お手軽に行える方法のひとつに、お風呂で行う「ボディブラシ・ケア」があります。このケアのメリットは、血行の促進に即効性があり、特に冷え性の方には効果てきめん!

なのですが・・・。
力が入り過ぎて、お肌を傷つけてしまったというトラブルをよく耳にします。
私たちの皮膚は意外に薄く傷つきやすいんです。

また、ボディソープをたっぷりつけて、ブラシでゴシゴシ・・・というケアを行ってしまうと、皮膚が本来持っている「バリア機能」を破壊してしまうことになり、ケアどころか逆効果にもなりかねません。

ボディブラシを使用する際には、あくまでも優しく。これが基本です。
さて、その「ボディブラシ・ケア」ですが、痩せる効果は本当にあるのでしょうか?
あります。

ですが、それにはちょっとした努力が伴います。
まず、お風呂に入る前には大量の水分を摂取しましょう。これにより水分代謝が高まり、美肌効果も期待することができます。

そして、身体を洗ったら、まずは温かいお湯につかり、汗がにじむ程度にまで身体を温めましょう。

それから、スリミング成分配合のボディジェルでハンドマッサージを行います。
そして最後に、ボディブラシで引き締めましょう。
めんどくさっ!

そう感じてしまう方も多いことでしょう。

ですが、コスパを重視するのであれば、多少の努力は必要です。
それでリタイアしてしまったのであれば、少々無理してでもキャビテーションのほうが確実かもしれませんね。

EMSマシンときゃビーテーションの効果とは?

自宅で行えるダイエットの方法のひとつに、「EMSマシン」があります。

「EMSマシン」とは、高周波や干渉波などの種類の電気の刺激により筋肉を自動的に運動させ、筋肉を鍛えつつ、痩せやすい身体づくりに貢献してくれるマシンです。

実は、筋肉を鍛えると、次のような「いいこと」があるんです。
「いいこと」その1。
・病気、怪我、ストレスに対する「抵抗力」をつけることができる
「いいこと」その2。
・骨や心臓などに免疫力をつけることができる
「いいこと」その3。
・行動力が身につき、持続力がつく。

これだけでも素晴らしいことなのですが、痩せることに関してはどうなのでしょう?

「EMSマシン」の概念は、痩せることそのものというよりも、健康増進を目的とするものであり、即座な効果は期待しないほうがよいでしょう。

ただし、代謝機能のアップや血行の促進などには大いに役に立ちますので、ダイエットのサポート役として考えておくとよいと思います。

では、即座に痩せた効果を実感するためにはどうしたらいい?
それにはキャビテーションが適切なのではないかと思います。

キャビテーションは、筋肉の運動により痩せる方法ではありませんが、超音波による空洞現象により、脂肪細胞を破壊し、中性脂肪を体外へ追い出すことができる施術です。

現在、自宅用のキャビテーションも数多く販売されるようになりましたが、目に見えた効果をお望みなのであれば、やはりサロンの施術に勝るものはありませんので、まずは体験コースで試してみてはいかがでしょうか?

ボディマッサージ、あなたは続けられますか?

ボディラインを整える方法のひとつに、ボディマッサージがあります。

ボディマッサージ用のコスメには、クリームやジェルがあり、また、洗い流すタイプと洗い流さないタイプとに分類されています。

このようなコスメを使用してボディマッサージを行うメリットは、なんといっても自宅で行えるという点でしょう。

また、マッサージのタイミングはお風呂上がりがベストですが、自分の都合のよい時間に好きなだけ行うことができます。

特に部分痩せを希望する方に人気の高いボディマッサージですが、果たしてセルフマッサージで部分痩せを行うことができるのでしょうか?

結論からお話しますと、適切な美容成分が配合されているコスメで正しくマッサージを行った場合には、効果はあります。

ただし、効果の現れ方がゆるやかであるため、かなりの根気を必要とします。
そのような理由でリタイアしてしまう方も、少なからずいらっしゃることでしょう。

では次に、リタイアする確立が極めて少ない、キャビテーションについてのお話です。

キャビテーションとは、超音波で脂肪細胞に直接働きかけ、脂肪細胞内の中性脂肪を、リンパ管に流し込み、自然に体外に排出させる方法であるため、比較的お手軽に部分痩せができる方法として人気を集めています。

キャビテーションを受ける際の注意事項は、施術の前後にたっぷりと水分補給を行い、水分代謝をよくする工夫を行うこと。

施術後には、適度な運動を心がけること。
その後のボディマッサージも、もちろん有効です。

ボディマッサージには根気が必要。
キャビテーションでは根気は不要。

経済的な問題もありますが、余裕があるのであれば、早く効果を実感することのできるキャビテーションがおススメですね。

確実に痩せるけど、あれもダメ、これもダメのダイエット法とは?

ダイエットには食事療法。

痩せたいと考えている方の大半は、食べ過ぎを自覚しながらも、なかなか食事制限に踏み切れないでいるのではないかと思います。

そこで、量をたっぷりと摂ることができ、痩せることのできる「リセットダイエット」という方法をご紹介することにしましょう。

まず、このダイエットで食べることのできる食材は、「ジャガイモ、カボチャ以外の野菜全般」、「キノコ類」、「コンニャク」、「鶏ささみ」、「アジの干物」、「海藻類」、「ノンオイルドレッシング」、「魚介類(週2回まで)」、「フルーツ」、「ヨーグルト」、「緑茶」、「ウーロン茶」などの、カロリーのない飲料。

炭水化物や油分を含んだ調味料はNGです。アルコールもダメ、牛乳もダメ、ナッツ類もダメ・・・。

ダメダメ尽くし食事療法ですが、確実に痩せます。
それでは、食品の摂取方法について、ご説明させて頂くことにしましょう。

朝食はフルーツと飲み物。
昼食と夕食は、肉または魚を少々と野菜。野菜はいくら食べても大丈夫です。
この食事を1週間実行すると・・・個人差はありますが、2キロ前後、体重が落ちます。

でも、このダイエットには盲点があるんです。

それは、意外にお金がかかるということ。さらに、空腹感からは逃れられません。
1週間であれば実行可能かもしれませんが、その後の継続は難しいかも。

また、ご家族と同居している方は、ご自身の分を別に用意する必要があり、めんどうであると感じることもあるでしょう。

それならば、もっとお手軽に痩せられる方法を実行してみたいですよね。
そこでおススメしたいのが、キャビテーションなんです。

こちらの方法も、確かにお金はかかります。
でも、暴飲暴食をしないことと、適度な運動を心がけるだけで、比較的楽にサイズダウンを狙うことができます。

人間にとって、食欲を抑える苦痛は拷問に近いものがあります。
どうしてもそうしなければならないのであれば話は別ですが、苦労して痩せてリバウンドして・・・の繰り返しは、精神衛生上、よろしくありません。

超音波による痩身術であるキャビテーションは、そんな苦痛は伴うことなく痩せられる方法です。

サプリメントもいいけれど・・・。やっぱりキャビでしょ

太る原因のひとつに、代謝機能の低下があります。

代謝機能は年齢とともに低下する傾向にあり、さらに運動不足や過食などの悪条件が重なってしまった場合には、取り返しのつかない肥満体になってしまうこともあります。

それなら、代謝機能を正常に戻せばいい。
これは、実に正しい考え方です。

それでは、代謝機能のアップにつながる「カプサイシン・ダイエット」をご紹介させて頂くとともに、「カプサイシン・ダイエット」を行う際の障害となりうるもの、さらにエスティックサロンで行っているキャビテーションとの効果の違いについてお話をさせて頂くことにします。

「カプサイシン」とは、トウガラシに含まれる成分で、新陳代謝の活性化や免疫力アップ、血行促進の効果を期待することができます。

つまり、ダイエットだけではなく、アンチエイジングにも効果が高い成分であるということです。

ですが、トウガラシを大量に摂取することは難しいのではないでしょうか。これが最大の障害です。

そこでおススメしたいのがサプリメントです。
ところが、サプリメントを摂取するだけでは痩せることはできません。

たとえば、「カプサイシン」のサプリメントを摂取しているのであれば、運動を行うことにより、サプリメントの効果が最大限に発揮されることになり、痩せやすい体質に移行して行きます。

また、大幅な減量や部分痩せを行いたいのであれば、やはり食事制限との組み合わせが理想的ですね。

でも、それって結構めんどう・・・。
そこでおススメしたいのが、キャビテーションであるというわけです。

キャビテーションは「切らない脂肪吸引」とも呼ばれており、美容整形手術のようにメスで皮膚を切開して行われる痩身術ではなく、超音波の振動を利用し、中性脂肪を自然に体外に排出させる方法です。

また、部分痩せやセルライト撃退にも高い効果を発揮します。
部分痩せやセルライト撃退は、サプリメントや食事療法ではあまり効果を期待することはできません。

代謝機能を高めつつ、地道に痩せたいと考えるのであれば、サプリメントの摂取+キャビテーションの組み合わせではいかがでしょうか?

プロの力を借りるのも、ひとつの方法です。

年齢とともにだんだん痩せにくくなってきた・・・。
これは、30代後半以上の方に多くなる悩みのひとつではないでしょうか?

なぜ、年齢とともに痩せにくくなるのかといえば、ホルモンバランスの崩れや、新陳代謝の衰えなどが起こってくるからです。

つまり、同じカロリーを摂取したとしても、新陳代謝の活発な10代、20代の頃のほうが、はるかに痩せやすいということですね。

それならば、運動すれば痩せやすくなるんじゃないの?
はい、確かに痩せやすくはなります。

ですが、運動で消費することのカロリーは微々たるもの。
たとえば、ルームランナーを例に挙げてお話をさせて頂くと、1時間で消費できるカロリーは、およそ300キロカロリーであるといわれています。

お茶碗一杯のご飯が約200キロカロリー。
そう考えると、努力の割に消費カロリーが少ないことに気が付きます。

ただし、ルームランナーのメリットは、室内にいながらウォーキングを行えるという点です。
また、運動を行うことにより、血行が促進される、代謝アップにつながるというメリットも見逃せませんね。

ですが、より早く身体から脂肪をなくすためには、プロの力を借りるという方法が最も手っ取り早いかもしれません。

たとえば、キャビテーション。
キャビテーションは、カロリー消費により痩せる方法ではなく、機械により脂肪を柔らかくし、体外に排出させる方法です。

また、運動では落ちにくいセルライトにも対応しています。
なにをしても痩せにくくなってきた・・・。

そう感じるのであれば、脂肪を減らす手段の一つとして、キャビテーションも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

キャビテーションは、運動の前に行うことが理想的です。

有酸素運動で痩せよう!
このような広告を見かけたことのある方は大勢いらっしゃることでしょう。

有酸素運動の代表的なものにはエアロビクスがありますが、エアロビクスだけで痩せることは可能なのでしょうか?

それではここで、エアロビクスで消費できるカロリーを計算してみることにしましょう。
ここでは、60キロの体重の方が、1時間エアロビクスを行ったものとして、数字を出してみることにします。

この条件でエアロビクスを行った場合、消費カロリーは約409キロカロリーです。
意外と少ないと思いませんか?

水分と脂肪分を1グラム消費するのに必要なカロリーは、約7.3キロカロリーであるといわれています。

では、1キロでは?7300キロカロリー!
つまり、エアロビクスだけで1キロ痩せるためには、17時間以上の時間を必要とすることになります。

もちろん、十分な栄養素を摂取しながらカロリー制限を行った上でエアロビクスを行うのであれば、筋肉の増量につながり、痩せることはできます。

ただし、それを継続するとなると、かなりな根気が必要となってきます。
では、効率よくカロリーを消費し、うまいこと痩せてしまう方法はないものなのでしょうか?

ここでは、カロリー消費とは少々語弊がありますが、体内で脂肪を溶解し、体外へ排出してしまう、キャビテーションをご紹介させて頂くことにしましょう。

キャビテーションとは、超音波により、脂肪細胞内に空洞現象を起こし、最終的には溶け出した中性脂肪を体外へ排出するという方法です。

この施術を行ってから2週間の間は、脂肪が柔らかくなっているため、非常に痩せやすくなっています。

つまり、この時期にエアロビクスなどの運動を行えば、より早いスピードで痩せることができるということですね。

運動だけで痩せることは至難のワザ。
ですが、その運動の効果をより高め健康的に痩せたいのであれば、運動を行う前にキャビテーションを行っておくことが理想的です。

酵素ダイエットとキャビテーション

人はなぜ太るのか?
私たちが太る理由は、「摂取カロリーと消費カロリーのバランスの崩れ」、「加齢によるホルモンバランスの崩れによる新陳代謝の低下」、「薬物投与」などが挙げられます。

「薬物投与」の場合には少々特殊ではありますが、なんらかの病気の治療のために服用している薬が食欲を増進させたり、代謝機能を弱める原因になったりすることもあります。
このような場合には、病気の治療を優先させ、ダイエットは後回しにするべきでしょう。
問題は、前者のふたつが理由となっている肥満です。

ということは、食べなければいい?
いえいえ、それはいけません。食事の量を極端に制限すると、思わぬ病気を引き起こすことだってあるんです。

それなら、置き換えダイエット?
それでは、自発的な置き換えダイエットと、機械によるキャビテーションを比較し、効果の現れ方を確認してみることにしましょうね。

置き換えダイエットの代表選手は「酵素ダイエット」ではないでしょうか?
多くの置き換えダイエット用の酵素には、1日に必要とされる栄養素が含まれています。つまり、栄養面での心配は少ないということになります。

ところが、そこにはひとつの盲点があるんです。
それは、「食欲との闘い」。

食欲は人間の本能であり、それを抑えるのはかなり辛いはずです。
「酵素ダイエット」は確実に痩せますが、長期間行うことはオススメできませんし、それ以前に挫折する確立のほうが高いでしょう。

一方、キャビテーションを行う場合には、「置き換えダイエット」などを行う必要はありません。

というのは、キャビテーションが超音波の力を借りて、自然に脂肪を体外へ排出してしまう方法だからです。

暴飲暴食はいけませんが、バランスの取れた食事の摂取、そして適度な運動を行うだけで自然に痩せることができる方法、それがキャビテーションです。

食事制限とキャビテーション

皆さんは、ダイエットという言葉からなにを連想しますか?
最もポピュラーなダイエットの方法に、食事制限がありますね。

ですが、食事制限によるダイエットには限界があり、また、モチベーションの維持も大変です。さらに、間違った方法で行ってしまうと、弊害が生まれてしまう場合もあります。

ならば、エステ?
それでは、食事制限によるダイエットの弊害、そして、エステで受けることのできるキャビテーションについて、お話をさせて頂くことにしましょう。

食事制限による弊害、それはカロリーを制限することにより、必要な栄養素の摂取が行われず、「栄養失調」、「貧血」、「血行不良」、「浮腫(ふしゅ・むくみ)などの症状が現れる危険性があるということです。

また、厳しい食事制限を長期間続けた場合には、身体が持つ防衛本能により、代謝機能が衰えます。

こうなってしまうと、まさにイタチゴッコ。
痩せないから食べない、食べないから代謝機能が衰える・・・。

間違った食事制限が危険であることを、ご理解頂けるのではないかと思います。
一方、キャビテーションにはさまざまなメリットがあります。

まず、極端な食事制限が必要ないということ。
体内の中性脂肪を無理なく破壊して溶かし出し、自然に体外へ排出することができるということ。

つまり、必要な栄養素を摂取しながら、無理なく自然に痩せる方法であるということですね。
また、食事制限でセルライトを減らすことは非常に難しいといわれていますが、キャビテーションの場合には、セルライト除去に対しても、効果を期待することができます。

無理な食事制限で代謝を鈍らせ、痩せにくい体質になってしまっては元も子もありません。
安全で自然に痩せたいのであれば、キャビテーションがおススメですよ。